WELLPINE AUTO GARAGE
ウェルパイン・オート・ガレージ
049-227-6055
火-土:10:00-20:00
日祝日:10:00-18:30 月曜定休

2020年 04月 24日

1966 マスタング オイル漏れ 自力走行不能!

1966Y Ford Mustang

走行中に突然ミッションが繋がらなくなって積載車にて搬入された1966Yマスタングさん

オーナー様が確認した所、ATF(オートマオイル)が漏れているみたいとの連絡がありましたので、早速ATFの量を確認すると、ご指摘通り入ってません。

エンジンは普通に始動するので、その場でATFを補充すると車体下にすぐさまATFが大量に、、、、

ATFを補充し走行できたので、オイルを吹き出しながらそのままリフトへ

何分一人なので、不動車が搬入されるたび車を移動するのに悩みますが、今回は走ってくれてよかったです。

工場の床も道路もこの後オイルをふき取るのが大変でしたが

これだけじゃじゃ漏れなので、原因はすぐにわかりました。

ミッションからラジエター下部のオイルクーラーに繋がる配管なのですが、元々はオイルクーラーの配管がラジエターの近くまで一本で繋がっているんです。

でも、ミッション下す時とかフィッティングから外さないで、カットされちゃう事が多いんです。。

カットするのが悪いとか、ゴムホースが悪いとかではなくて、、カットした場所が悪い

エキゾーストパイプのすぐ横ですし、ホースが被る長さが少なかったのと、ゴムホースの劣化もあったのだと推測できます。

ミッション側の残った配管も外してみるとやはり外れた配管とホースが被っているのは2cmも無い感じでした。

そのままホース交換してつなげば一時的にはオッケーですが、エキパイに近すぎますし今後の事も考慮して配管製作です。

なるべくエキパイから距離を取るように。

ラジエター側のゴムホースは漏れはありませんでしたが、念のため交換しました。

そうそう、ゴムホースも何でもいい訳ではなくて、耐油ホースとか耐ガソリンホースとかバキュームホースとかとか。

サイズもミリではないので、きちんと合ったホース使わないとです

走行テストもさせて頂き、問題なしでした~

一瞬でオイルが抜けて走行不能になったので、ミッション本体にはダメージは無かったようで良かったです。

アメ車の事なら旧車から現行型まで アメ車修理専門店 ウェルパインオートガレージにお任せください 

WELLPINE AUTO GARAGE(ウェルパイン オートガレージ)

埼玉県坂戸市八幡1-9-2(アストロプロダクツ坂戸店様正面)

関東運輸局 認証 第4-6422号

TEL 049-227-6055  info@wellpine.net

フォード マスタングの修理、点検、メンテナンス、車検なら アメ車プロショップにお任せください

関越自動車道 鶴ヶ島インターから1.7Km  

       坂戸西スマートインターチェンジから2.2Km

圏央道    圏央鶴ヶ島インターから5Km 

       坂戸インターから5.6Km