2014 C7 コルベット 車高調 コイルオーバー 取付♪

2014Y Chevrolet Corvette Stingray

2014Y コルベットスティングレイにコイルオーバータイプの車高調取付です。

コルベットのサスペンションは現行モデルのC7でもリーフスプリングなんです

リーフスプリングと言うとトラックかよっ

と、思われるか、トラックでも今時エアサスでしょ等々

リーフスプリングが良いか悪いかは置いといて、横置きリーフスプリングにビルシュタインショックの組み合わせの足回りは、素人が乗る限りでは何ら不満を感じない位に仕上がってます。

でもね、、ひとたび車高を下げるとそのバランスが崩れてしまい、楽しくない車になっちゃったりするんです

コルベットのローダウンは、リーフスプリング端にある、このアジャスターボルトを交換して下げます。

勿論これで車高は下がるのですが、その分サスペンションのストロークが少なくなって、バンプ初期のふにゃふにゃ感が強くなるんです。

車高が下がった上に、コーナリング時や悪路でバンプした際サスペンションが柔らかくなっては怖くてアクセル踏めないですよね

そこで今回ノーマルのリーフスプリングとショックアブソーバーをポイっと捨てて、コイルオーバータイプの車高調に交換させて頂きます

元々ショックアブソーバーが取付してある部分にコイルオーバーサスペンションを装着します。

ショック交換だけなら簡単ですが、リーフスプリングの取り外しでロワーアームの脱着等も必要なので、それなりに時間も

リア側も同じく

専用設計なので、ポン付け出来ました。

でもね、、ショックアブソーバーしか付いてないスペースにコイルオーバーが入るので、かなりギリギリのクリアランス

前後共に各部をよくよく確認しながら、うまくポジション決めないと後から何かが勃発しそうです

全ての取付が完了後に試運転です。

異音が出ないかとか、ショックの減衰力調整とかとか。

そして最後に

4輪フルアライメントの調整をします。

折角足回りを新調しても、アライメントが狂っていては楽しさ半減ですからね~

4輪ともにアライメントがかなり狂っていて、リアなんかはネガキャン大+トーアウトでスピンしやすい状態でしたが、基準値内にすべて調整して完成です

4輪アライメント

アメ車の事なら旧車から現行型まで アメ車修理専門店 ウェルパインオートガレージにお任せください 

WELLPINE AUTO GARAGE(ウェルパイン オートガレージ)

埼玉県坂戸市八幡1-9-2(アストロプロダクツ坂戸店様正面)

関東運輸局 認証 第4-6422号

TEL 049-227-6055  info@wellpine.net

シボレーコルベットの修理、点検、車検なら アメ車プロショップにお任せください

関越自動車道 鶴ヶ島インターから1.7Km  

       坂戸西スマートインターチェンジから2.2Km

圏央道    圏央鶴ヶ島インターから5Km 

       坂戸インターから5.6Km

 

関連記事

1968y Chevrolet EL Camino シボレー エルカミーノ修理
1968y Chevrolet EL Camino シボレー エルカミーノの車検整備です。ピックアップトラックのなかでもスタイリッシュなエルカミーノですが、初代モデルは1959yからちなみにEL Caminoはスペイン語で「道」と言う意味だそうですよ4輪ドラムですリアブレーキシューの残量が少なめだったのですが、前回から車検からの走行距離とご予算の都合もあり、……
1950Y シボレー スタイルライン 修理 1950 Chevrolet Deluxe Styleline Station Wagon
1950 Chevrolet Deluxe Styleline Station Wagon 1950年のシボレー デラックス スタイルラインさん シボレー スタイルライン デラックスさん どっちか分かりませんが、初めてさわりました 50年代は本当にさわった事がなく、お客様にこれなんて車ですか って聞くところからスタートでした。 まあ、……
シボレーエクスプレス 車検整備
継続検査先行で進めているエクスプレスの車検整備です。ヘッドライトのレンズカットが微妙でしたが、そこは何とかブレーキ関係のオーバーホールからリアは段々と見る機会が少なくなってきたドラムブレーキですそのうち無くなるんでしょうねドラムブレーキはダストが外に出にくいので、衝動部分等も汚れまくりで、使用するグリスも極圧性の高い物を使わないと、すぐにグリス切れを起こしや……
1970y corvette コルベット 予備検査
長期にわたりお預かり中の1970y シボレー コルベット (C3 アイアン)入庫当初はアイドリングもままならない状態、メーター類不動、エンジン乗せ換え、リアオーバーフェンダー加工後車検証の変更なしの抹消状態、、、主に電気系の修理が殆どでしたが、、次から次へと危険な状態の追加された配線類が出てきました室内の配線も同じでして、水温系、燃料系、、、、動かず配線図を……