1950Y シボレー スタイルライン 修理 1950 Chevrolet Deluxe Styleline Station Wagon

1950 Chevrolet Deluxe Styleline Station Wagon

1950年のシボレー デラックス スタイルラインさん

シボレー スタイルライン デラックスさん

どっちか分かりませんが、初めてさわりました

50年代は本当にさわった事がなく、お客様にこれなんて車ですか

って聞くところからスタートでした。

まあ、修理ですので車が分からなくても何とかなるだろうと、、(笑)

今回の修理はクーラント漏れがメインでしたが、その他もダメそうな所を確認して欲しいとの事でしたので、先ずは点検からさせてもらいました。

一通り確認させて頂き、パーツ注文からでした。

勿論時間掛かりそうなので、一端お車をお返しして、、パーツが揃うまでかなりお待たせしてしまいました

クーラント漏れはラジエター本体からでしたが、ラジエターホース類も時間の問題なのでホースも同時交換させて頂きました。

旧車の真鍮製ラジエターは修理も可能なのですが、本国だと新品が手に入るので新品交換です。(写真とりわすれました。。)

サーモスタットハウジングからもクーラント漏れがありましたので、ガスケット交換なのですが、

ハウジング合わせ面がぐずぐず

このままガスケットを新品にしてもまたすぐに漏れちゃいますから

研磨して取付しときました

クーラント漏れもあまりよろしくないですが、点検してもっとやばそうな所がこれ

ステアリング関係のこのセンターアーム(正式名称不明

アームにガタが出ていて

エンジンオイルパンをかなりやっつけてます

このままほっておけば、間違いなくオイルパンに穴が開いてエンジンさん、さようなら、、、、

先ほどのセンターアームのガタもオイルパンにアームがヒットする原因ですが、もう一つ別の原因がこちら。

エンジンマウントのゴムが、グミみたいにぐにゃぐにゃになって、エンジンが下がって益々アームが当たりやすくなってたんです

新しいマウントでエンジンが持ち上がってアームとのクリアランスも増えましたが、ガタが出ているアームも交換で。。。。

結構頑張って調べましたがパーツ発見できず

しかしオーバーホールキット的なパーツは発見

専門店なら新品出る所知ってるかもですけどね

アームASSYで取り外して分解

ガタの原因はピンを支えているブッシュなので、そこを新品にすればまた新品みたいに蘇るって事なんですが、、

新品ブッシュを圧入して、よーしこれでアームを合体させて完成~

念の為にピンを合わせてみたら、、、、、

あれれ?

全く入りません

よくよく取説みてみれば、なにやらブッシュの内径を削れって

んな簡単に削れって書くけど、だったら最初からスポっと入るように作れや

と、ぶつぶつ独り言を言いながら

ホーニングマシンを使って、削っては確認、、また削っては確認、、、結構大変でした

やっとの事で完成

オイルパンとのクリアランスもかなり余裕が出来て、これで心配なしですね~

クーラント漏れも直って、センターアームのガタも👌。

少し緊張しながらお預かりして始めての試運転を行うと、1速で結構な唸り音が

工場に戻ってミッションオイル確認したら、、

量は入っているものの、、

メタリックなオイルが

新品にオイル交換しましたが、結局唸り音は変わらず。。時すでに遅しですね

とは言え今まで通りに走れますので、これ以上悪化したらミッションO/Hって感じかと。。

エンジンも大事ですが、ミッションやデフ等オイル管理は大事なんですよ。。

早め早めのオイル交換を心がけてくださいね~

初めての50年代でしたが、何とか修理完成です。

アメ車の事なら旧車から現行型まで アメ車修理専門店 ウェルパインオートガレージにお任せください 

WELLPINE AUTO GARAGE(ウェルパイン オートガレージ)

埼玉県坂戸市八幡1-9-2(アストロプロダクツ坂戸店様正面)

関東運輸局 認証 第4-6422号

TEL 049-227-6055  info@wellpine.net

シボレーデラックス スタイルラインの修理、点検、車検なら アメ車プロショップにお任せください

関越自動車道 鶴ヶ島インターから1.7Km  

       坂戸西スマートインターチェンジから2.2Km

圏央道    圏央鶴ヶ島インターから5Km 

       坂戸インターから5.6Km

 

 

関連記事

74y トランザム エアコン修理
1974y トランザムさんエアコンの修理等でご入庫頂きました。やはり季節がらエアコン修理が増えてきました1974yですが、エアコンシステムは完全オリジナルでして、少し前までは弱いながらも動いていたからすごいですこのアキュームレーター(ドライヤー)とかレシーバータンクと今の車なら呼ぶ部分が曲者ですVIRといって(多分)、このアキュムの中に膨張弁やドライヤーなん……
アストロ サファリ デフオイル漏れ
 1997Y Chevrolet Astro県内からお越し頂いた1997y アストロコンバージョン車さんですが、オーナー様が普段からご自身で点検されていて、いち早くオイル漏れを見つけてご入庫頂きました。右リアブレーキの裏側です。少し湿っている跡がありますが、これがオイル漏れなんです。左リアはこの通りシミがありません。オイル漏れはここから、、リアドラムを外して……
C6 コルベット エンジンかからない!
2010Y Chevrolet Corvette Z06突然エンジン不動状態になり積載車にて搬入されたC6コルベットZ06さん原因を探っていましたが、最終的な原因がこれ、、コラムロックの異常でした。お預かり当初はこのサービスコラムロックの警告は出てなかったので、かなり遠回りしました。コルベットはC5世代からこのコラムロックの異常でリコールが何度も出ていました……
2001Y シボレーコルベットC5 オイルプレッシャー異常
2001Y Chevrolet Corvette メンテナンスでお預かりした2001Y シボレーコルベットさん。 特にチェックランプ点灯とかでは無かったのですが、車両移動中にスピードメーターをみたら 左上のエンジンオイル油圧計がマックスです 流石にアイドリングでオイルプレッシャーがこの数値はないですし、エンジン回転数が上がってもここまでオイル……