坂戸の自動車修理「WELLPINE AUTO GARAGE」 日本車・アメ車の各種修理・車検・板金・コーティングなど 

各種修理、カーセキュリティなど、
車の事はお気軽にご相談ください!

049-227-6055

火-土:10:00-20:00/日祝日:10:00-18:30
月曜定休

2008y シボレー エクスプレス バッテリー上がり

2008y Chevrolet Express

20170326_113049

新規でご来店して頂いたシボレー エクスプレスさん

車検整備がメインでご来店されましたが、同時にバッテリー上がりのご相談も頂きました。

流石にこのサイズの車で普段乗りはされず、2週間程度ほおっておくとバッテリーが上がってエンジンが掛からないとの事でした。

20170312_164559

お客様自身でオプティマのイエロートップに交換されいましたが、それでもバッテリー上がりが解消される事は無かったようです

早速バッテリー自体の健康状態を診断します。

このミドトロニクスバッテリー診断機は欧米ではカーメーカー、バッテリーメーカーの9割以上が必須診断機として導入されている信頼性の高い物です

流石に購入されて間もないオプティマバッテリーは問題なく、少し充電をすれば大丈夫との診断結果でした

20170312_192434

バッテリーが問題ない事が分かったので、暗電流の測定からスタートです。

全体の暗電流は83~85mA程で、思っていたよりは少なかったですが、それでも多めです。

ここから回路ごとの暗電流を計測して、どの回路が消費しているかの確認です。

通常車体が正常の場合は後付けの電装品が消費しているケースが殆どですが、車体自体に問題があるケースもある事から、すべての回路の確認を行います。

20170323_141746

診断した結果は後付けの電装品が暗電流全体の約半分を占めていました

しかし、後付けの電装品を外してしまう訳には行かないので、必要な時だけ電源を供給する回路を作ってあげて回避する事にしました。

20170324_170159

最終的なトータール暗電流は44~48mAまで下がりました。

バッテリー上がりは流れている電流を可視化して実際の数値を元に作業しないと、やみくもに何かして直るものではないです。

またどのようにして回避するかは経験が物を言います。

バッテリー上がりでお困りの方は是非ご相談ください

アメ車の事なら旧車から新車まで ウェルパインオートガレージにお任せください 

WELLPINE AUTO GARAGE(ウェルパイン オートガレージ)

埼玉県坂戸市八幡1-9-2(アストロプロダクツ坂戸店様正面)

関東運輸局 認証 第4-6422号

TEL 049-227-6055  info@wellpine.net

アメ車修理 シボレー エクスプレス修理なら 埼玉県は勿論、東京都、神奈川県、群馬県、千葉県からもお越頂いております

関越自動車道 鶴ヶ島インターから1.7Km  

       坂戸西スマートインターチェンジから2.2Km

圏央道    圏央鶴ヶ島インターから5Km 

       坂戸インターから5.6Km

関連記事

1997Y シボレーカマロ クーラント漏れ💦
1997Y Chevrolet Camaro 1997Yカマロさん、クーラント漏れでお預かりしました。 クーラント漏れは、ラジエター本体にクラックが入り、そこから漏れていました。 ラジエターのサイドタンクにピキっとヒビが入ってます 昔はラジエターと言えば真鍮を使っていたので、ハンダで修理も可能でしたが、今はプラスチックタンクとアルミコ……
1971Y コルベット レストアその2
1971Y Chevrolet Corvette前回ご旅行の前にリアの足回り等の作業をさせて頂いたC3 コルベットさん。旅行中にエンジンオイルパンをヒットしてオイル漏れ現地で何とか修理をして無事帰還されました。オイルパンの交換やフロントの足回りのレストアも作業させて頂きます潰れたオイルパンを交換ですが、、、オイルパン外す時に1本ボルトが付いてないな~なんて思……
トランザム ヘッドライト 交換
1974 pontiac firebird trans am1974yポンティアック ファイヤーバード トランザムさん優に気温30度を超える中ご来店されました先日修理したエアコンはこの外気温でもかなり調子よく冷えていて、お客様も全然問題ないとの事でして、一安心ですで、今回はヘッドライトの交換です。片側のロービームが切れてしまい、今時の車ならバルブ(球)だけ交……
97yシボレーエクスプレス フューエルポンプ交換
97yシボレーエクスプレスのフューエルポンプの交換と、スパークプラグ、プラグワイヤー、イクニッションコイルなどの点火系リフレッシュを行いました!マフラー出口が腹下で切ってあるのが気になりますが、、それは置いといて車体の全長に比例して、フューエルタンクもかなり長いです障害物がそれほどないので、比較的簡単に見えますが、、タンクが長いので、内部のガソリンが前後に移……